スポンサー広告  

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006年04月19日Wed [23:35] 日記@家庭用ゲーム  

復活記念☆英雄伝説レビュー

 やほー(・∀・)ノ
 ようやく生き返ってきたヘンナコです。
 うーん、でもまだだるだる~(´・ω・`)テンションがなかなか上がりません!

 と言う訳で、ぼちぼちやってた英雄伝説SCレビューでもお送りしたいと思います。

 とりあえず概要とキャラはこちらをご覧下さいっと。

 SCはすなわちSecondChapter。FC(無印=FirstChapter)やってない人完全お呼びじゃありません。
 つまり正しい意味でのディスク2。ただし後編は倍の長さだにょって感じのやつ。今流行の分割商法なのですよ。ファルコム商法の悪徳さには何度泣かされたか!泣かされたか!
 そのたびに金を突っ込んできた私。ええ、白き魔女なんて4本(98/win/SS/PSP)買ったさ。

EDSC1


 作品自体は、どこかほのぼのとした正統的RPGの名にふさわしい作品です。その上非常に丁寧に作ってあり、個人的にはスタート前から好感度マックスでした。
 キャラも敵も憎めない奴らがそろっていて、最近のハデハデ~な作品とは一線を画したところが私はとてとて好きだったりします。
 なんかねー旅してるって感じとチマチマミニキャラが動いているのが好きなのさ~FF11系ポリゴンにはない幸せ。ラブリー。
 ペングーっていうねーペンギンモンスターが特にラブリげなのさー。鍾乳洞はもうたまらないッス。

EDSC2


 各所に施された小ネタと、個性ある町の人たちが良いのです。
 イベント進行ごとに町の人の会話がほぼ全部変わるし。
 町の端々で小さなドラマが進行しているのを追うのもまたイイ( ´∀`)

このゲームはFFでいうTPに相当するものがありまして、200まで貯められます。自分の戦闘ターンで、20~40程度消費する技もあり、これがまた使い勝手がいい。更には全消費(ただし最低でも100はないとダメ・200フルだとボーナスあり)のスペシャル技はFFのWSに慣れた身にはあり得ないほど強力で……( ´Д⊂)オフゲの良さだよね!SCになってキャラが強力になった分WSも強力で笑えるほどですよ(・∀・)
 オススメはアガットのスペシャルボーナス付きバッファローレイジかな。

何はともあれ、待たされただけの甲斐はありました。
オススメ(・∀・)

以上、真っ当なレビューでした。
以下、真っ当でないレビュー(ネタバレあり)でお送りします。







 主人公コンビ、普通に誰もなにも突っ込まず義姉弟のままで恋人になっちゃったんですけど、あの国は血のつながりが無ければokなんでしょうか。斬新な国だリベール。っていうかエステルと同行してないときは別姓名乗ってたくせに、再会した途端家族に戻りつつ恋人としてもキープってちょっとまてヨシュア。せめて籍は抜け。
 あの2人組好きなんだけど、なんていうか、エステルがなんだかんだいって乙女で、ヨシュアはなんだかんだいって女々しいので、凄く百合くさいというか、なんというか。いつ少女漫画にシフトチェンジしてもいける!って感じの展開ですよ。
 多分ヨシュアはエステルを押し倒した後でも「止めて」って一言いえばどんなに盛り上がってても我慢できるでしょう。少女漫画の七不思議の一つですね。なお『少女漫画の理不尽な点を強引に解釈するスレ』では、緊張のあまりたたなくなったんだから察しておやりなさいといってました(*゚∀゚)

 今回PT編成が割合任意なので(シナリオ上固定が2~3、残メンバー任意)、エステル+野郎だらけの逆ハーレムPTも作れますし、エステル・ヨシュア+おんにゃのこ*2のヨシュアハーレムも作れます。
 一周目は大体趣味で、オリビエを入れられる期間は全部オリビエを入れる・ケビンさんを入れられる期間は全部入れる、でイベント回収してみました。やっぱり楽しいな、オリビエ。ケビンさんはキャラ的に『見た目ヴァッシュで中身は神父』『あまりにOURS』『で、スタッフの誰が型月にはまったんですか白状なさい』な感じがプンプンなのですが、基本的に吃驚するほどいい人だったりするんだなぁ。

 お約束に従いエステルにコナかけたりするのですが、いい人はいい人止まりなのが運命なのです。それにエステルあれだしなぁ。
 なお、ここで本気でエステルが他の男に転ぶような展開だったら、プレイヤーに与えるダメージはヨヨアリシアを越えていたと思う。
 PCゲーム板に未曾有の祭りが到来していたことでしょう(((;゚Д゚)))キャー

 SCになりオリビエやアガットがすっかり良いお兄さんに( ´∀`) 見ていて楽しい上に微笑ましいのですが、良いお兄さんポジションが一杯良すぎてアレです。保護者だらけな気分になってくるデスよ。

 クローゼ。タイプ的(真面目しとやか頭いい系よい子)にあんまり好みじゃないので一週目は殆どPTに入れなかったです。やっぱりどうせなら会話見てて楽しい人だよね、とついついオリビエばかり選択。ビバ言動の怪しいお兄さん。

 それにオリビエはアーツが強く、かつ使い勝手がいい。アガットはTP即貯め技もちでWSもといSクラフトが範囲かつ強力とやっぱり使えるので凄い便利だしなー。

 なおエステル、彼女だけは主人公なので常時戦闘はずせませんが、アーツ的にも直接攻撃にも微妙と言われてます。事実微妙。他の特化タイプが強すぎるんだよねー。うんうん、赤魔的な共感を感じましたよ(´・ω・`)
 ヨシュアは相変わらず強い。バリ強い。もうね、最終技を覚えたときにはあれだ、「ブレイク・ダウン・タイフゥーン!」とか叫んでもおかしくない勢いでFSSバリに敵に突っ込んでくれますよ。そして相変わらず全体攻撃(ノ∀`)くそう中身女々しいくせに!

EDSC3


 今回の幼女二人は結構好きかな。っていっても11才と12才なので、苛さんみたいな方にはちょっと育ち過ぎなんでしょうか(・∀・)モケケ
 なお、二人とも策士。ティータは天然のまま、静かに×年後に向けお兄ちゃんの外堀を埋めていっておりました。私いつまでも子供じゃありません!
 レンはゴスロリ系少女ですね。ネタバレだけど、(以下反転)どっかのラグーンの双子……をイメージすると分かり易い。うん、超ネタバレダー。実は過去もあの双子に近いものが……という設定だったりしちゃう。ファルコムもヤルナ(・∀・)。
 なお、エステルの幼女バージョンもあったヨー。

 ジンさん。某所のスレ内でも「あの人はイイ空気だったよな」「ああ、流石(ベンチから)不動のジン」といわれる。うん、いい人だった。そしてかなり空気。

 ジョゼットの声が酷い。っていうかジョゼットが……まるっきり空気読めない子になってました。まああんまり好きじゃないので永遠にベンチ。

 声と言えば、今回から入った戦闘時のパートボイス、私声優には疎いのであまりアレなのですが、獅子座の声の人(悪役)が「アナザーディメンション」と叫びながら積尸気冥界波を放つのには流石に爆笑ですよ。これだけでも必見だお(;^ω^) ラスボスだけどな!

 とりあえず、主人公達はラブラブになり、当面の敵は倒しました。でも他にも敵はいます。戦いは(主役は変わるかも知れないが)これからだ!ってなラストだったので、きっときっと続編が来ると信じています。っていうか出せよヽ(`Д´)ノ!

 その際には助っ人として今回の主人公’Sが出てきてですね、そして次回作の主人公の見せ場をがっつり奪うのさー♪ あれ、それってなんて海の檻歌……(;゚∀゚)
 いいんだよ!私はあれでモチベーションが上がったんだから!

 まあなんだ、ファルコムへのお布施は当分減りそうにありません( ´Д⊂)楽しかったよ~


 それにしてもなんだ、エステルって元気っ子でちょっとお馬鹿でお日様属性もちで受け属性もち……んん? なんか既視感が……ギャーッス! か、考えるの止めよう(゚∀゚;)



スポンサーサイト

Re Comments.

Comment Form.

  管理者にだけ表示を許可する 

    ブロガーズイベント3
    第一回kujataブロガーズイベント
    無事終了しました。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。